その他の山行記録  
≪2022年≫    ≪2021年≫    ≪2020年≫   
≪2019年≫    ≪2018年≫    ≪2017年≫    ≪2016年≫    ≪2015年≫
≪2014年≫    ≪2013年≫    ≪2012年≫    ≪2011年≫    ≪2010年≫   
≪2009年≫    ≪2008年≫    ≪2007年≫    ≪2006年≫    ≪2005年≫

◆22年5月5日(祝)愛知・茶臼山(1415m)・萩太郎山(1358m)

  • <行程>
    • 自宅7:45−9:30第1P−第2P9:44−(西側登山ルート)−10:30茶臼山11:30−(西側登山ルート)−12:00第2P−12:30萩太郎山−13:40第2P13:50−帰路
  • <天候>晴れ
  • <メンバー>2名

茶臼山山頂

萩太郎山山頂
  • 世の中ゴールデンウィークとかで、結構賑わっているらしい。
    さて、どこへ行こうかと考えたところ、茶臼山が浮かんだ。
    愛知県の最高峰だとか。

  • しかしここは、愛知県唯一のスキー場として観光開発が進んだ山で、頂上近くまで道路が出来ている。
    ずっと有料道路だったが、2008年に無料化されている。
    1000m位まで車で行って、実際登るのは高低差400m位だ。
    しかし、標高があるので南アルプス、中央アルプス方面の展望が良い。

  • 茶臼山展望台で早めの昼食の後、一旦駐車場まで下り、萩太郎山のスキー場の斜面をテクテク登って萩太郎山の山頂へ。

  • ここは一面に芝桜を栽培していて、大勢の家族連れが、スキーリフトで登って来ていた。
    残念ながら芝桜は、まだ4割咲き程度だった。
トップページへ戻る

◆22年3月30日(水)岐阜・鳩吹山(313.5m)

  • <行程>
    • 自宅8:15−9:00可児市下流域公園駐車場−カタクリルート登山口−小天神休憩舎−10:30鳩吹山山頂−カタクリ登山口−カタクリ群生地−12:50駐車場
  • <天候>晴れ
  • <メンバー>2名

鳩吹山山頂

カタクリの群落

キバナシャクナゲ
  • 先日来、桜が開花したとのこと。春本番だ。
    桜は、あちこちの公園で沢山写真を撮った。

  • もうひとつ春の花のたよりがあったのが、カタクリだ。
    この花の写真を撮るために、岐阜・可児まで足を延ばした。

  • 前にも来たことがあるが、すごい群落だ。
    一面にカタクリのムラサキが広がっている。盛んにシャッターを切る。

  • 今回の目的はカタクリだが、それだけではつまらない。
    カタクリの群生地は、鳩吹山のすそ野、ここまで来たのなら鳩吹山に登らない手はない。

  • 2年ぶりの鳩吹山。この山は標高が低い割に展望が良い。お気に入りの山である。
    握り飯を広げてここで昼食。
    今日は天気も良く、ポカポカ陽気で大勢の人が山を楽しんでいた。
トップページへ戻る

◆22年3月3日(木)愛知・瀬戸・岩巣山(480.6m)元岩巣(499m)

  • <行程>
    • 自宅8:34−白岩町林道登山口P9:30−10:10岩巣山分岐−10:30岩巣山10:50−11:00分岐(昼食)11:30−元岩巣−分岐−12:32登山口P
  • <天候>晴れ
  • <メンバー>2名

岩巣山山頂

元岩巣山頂
  • 今年は天候不順で、寒い日が続いていた事もあるが、冬の間、自粛自粛で少し体がなまってきた。
    久しぶりに山へ行きたいと思っていろいろと調べると、近くに手頃な山がある。
    手軽なハイキングルートとしての岩巣山である。

  • この山は東海自然歩道の一部で、以前大阪から静岡まで、歩き通した時に訪れている。
    実に23年ぶりだ。

  • ルートはかなり整備されており、この日も多くの人が登っていた。
    ただ岩巣山の頂上標識が、温度計にマジックペンで書かれたものだけだったのは、残念だ。

  • 元岩巣の方は、開けていて少し展望が良い。
    ここも頂上標識が無く、記念写真を撮るのに困った。

  • しかし、久しぶりに山を歩いて満足の一日だった。
    帰りに、古い観光地岩屋堂により、有名なお寺常源寺に寄ってきた。フクジュソウが咲いていた。
トップページへ戻る